やきもの日和

やきものを作ったり俳句を作ったり

三月の食卓

f:id:orcamike:20200301144451j:plain

お内裏様のいないお雛様

桃の花がまだなので、ミモザ

北陸の山里もようやく春が近づいてきました。

猫のお雛様を飾ってみたけれど、お内裏様も、三人、いえ三匹官女の二人もいない。

烏合の衆の猫雛たち。

急遽、貝殻雛と土雛を出しましたが、やはりとってつけた感じですね。

 

 写真手前の赤絵平鉢は散らし寿司の取り皿にちょうどいい具合です。

椿尽くしの皿も春の気分を盛り上げてくれます。お雛様には、小皿や豆皿を色々使えて楽しいですね。

本来,形代に厄を引き受けてもらって流し清めるひな祭り。猫のお雛様だと「ま、気が向いたら、祓ってやるわ!」みたいなかんじですね。

桃の花も邪気を払う神木です。伊弉諾が黄泉の国から追っかけてきた伊弉冉を振り払うのに投げた櫛が桃の木なのも、そのため。

桃太郎が柿太郎でも栗太郎でもないのも、鬼を払うのは、桃だからなんでしょうね。

おや日が射してきた、蕗の薹でも探しに行こう。

 

 わが息に曇るひひなの目の薄く  おるか

 

     2020年3月2日